桃初笑(ももはじめてさく)希望の脹らむ良い季節

3月に入り、ようやく春らしく天候もよくなってきました。
暦の上では『啓蟄』という暦で『桃初笑』という時期というんですね。

啓蟄(けいちつ)は、地中で冬ごもりをしていた生き物が土から這い出てようやくみんなが動きだす時期ということで、それでもって桃が初めて咲くという時期らしいです。咲くを笑うと例えるところがなんてすばらしい響きかなと思います。

桃の花みたことありますか~

ちょうどこの時期に弊社も、新しい若いスタッフが希望と情熱をもって入社の予定です。いろんな企画やアイデアを咲かせてくれると思っております。

自分思っているアイデア企画 社会に何ができて会社にも世間にも三方よしで行きたいものですね。

現在のウクライナ侵攻や社会情勢を考えると思うところはいっぱいあります。でも憂いていても始まらない。想いを行動に変換することかなと
11年前にあった東日本震災を今尚乗り越えていくひたむきさ、私たちには小さくともできることがたくさんあります。世間や社会そして小さなコミュニティにも目を向かって日々研鑽しようと感じます。

アイデアいっぱい。でも一人では形にするのは容易じゃない。だからみんなで考え行動するんです。

山根商店では、スタッフで何ができるか、会社は何ができるか?を楽しく考え実行していくそんな気持ちになる会社です。
がんばれ日本 なんくるないさ~

Scroll to Top