山根商店について

山根商店の3つの特長

1鉄・金属類のリサイクルに特化

山根商店は鉄・金属類スクラップのリサイクルのプロフェッショナルです。日本最大規模である1600トンギロチンシャーなど豊富な設備を駆使し、再生利用なレベルまで丁寧に処理加工を行います。
スクラップや産業廃棄物の取扱に必要なライセンスを網羅しているので、あらゆるニーズに対応できる専門企業です。

2月間15,000トンの処理能力

山根商店では他に類を見ない月間15,000トンもの鉄・非鉄スクラップを処理しています。その処理能力の秘密は合理化された工場環境と社員メンバーの意識の高さ。毎日エネルギッシュに活動する機械と人の力で、処理数を積み重ねています。

3創業70周年の信頼と実績

山根商店は1949年に創業以来、2019年には70周年を迎えました。さまざまな企業さまとつくりあげてきたこの年月に誇りを持っています。近年では環境配慮や地域のみなさまへ向けたCSR活動にも目を向け始め、新たなスタートを切りました。
これからも、地球環境や工業界、近隣地域、そして世界のために少しずつ歩みを進めていきます。

山根商店の歴史

1949年4月

山根商店創業、昭和24年

山根清義(当時27歳)が個人商店として創業

日本における金属切断加工処理の第一人者

沖縄県与那城町伊計島出身

1949年4月

1954年

関西初リフマグ付クレーン設置

出入荷回転の高速化を図る

1954年

1959年10月

本社移転、株式会社を設立

大阪府堺市堺区海山町2丁55番地

1959年10月

1964年

日本初370t圧門型シャー(ギロチン)を導入

ドイツのリンデマン社に直接買い付け

日本における切断加工処理の先駆け!業界を牽引

1964年

1965年

スクラップ・マンスリー6月特集号

ギロチン導入=アメリカの業者も驚いたギロチンシャーの威力!

「アメリカにもこれほどのヤードはない」と言わしめた

1965年

1968年

スクラップ・マンスリー9月

西日本唯一の加工設備

徹底した集中合理化で人手は90名→50名

扱うトン数は30%以上に増える

人手は4割減、作業量は3割増

1968年

1972年

500t 油圧シャー設置

1972年

1974年

750t 油圧シャー設置

大阪油圧機械製作所製

1974年

1981年

1,500t 油圧シャー設置

大阪油圧機械製作所製

スクラップマンスリー8月号掲載

大手に大型油圧シャーの波

1981年

1985年

1,600t 油圧シャー設置

富士車両株式会社製

1985年

1990年

1,250t 油圧シャー設置

富士車両株式会社製

1990年

2002年

琉球新報に掲載、山根商店寄付

郷里沖縄のために=郷里の伊計小中学校へ野球道具を送ったのをきっかけに伊計島や与那城町へマイクロバス、育英資金原資などの寄付を続けた。「島の人たちに役立ててほしい、村や島のためになれば」

2002年

2008年

山根義照(57歳) 代表取締役就任

人生訓は「三方よし」

売り手によし、買い手によし、世間によし

ヤード再生構造改革者

高速処理を実現した完全屋内管理型の近代的なスクラップヤードを作り上げた

2008年

2010年

1,000t 油圧シャー設置

大同機器株式会社製

画期的なメンテフリー1,000t油圧シャーを導入

大同機器製の1,000t油圧シャー第1号機を導入し、大型ギロチン3基体制を組み直した

2010年

2012年

山根清義氏胸像建立、伊計島

故郷を離れても伊計島へ寄せる思いは強く、後輩育成のための寄付を始め、母校の記念事業、伊計区、旧与那城町、学校等の公共機関、伊計区老人会、婦人会への寄贈。その功績を称え胸像を建立

2012年

2013年

300t圧プレス機設置

大同機器株式会社製

業界初、エコサーボ搭載「アイドリングストップシステム(省エネ)」。油圧で動かす大きな力と、電気で制御できる力の両方を兼ね揃える。

2013年

2015年

鉄スクラップ総辞典に掲載

鉄鋼・鉄スクラップ人物事典

山根清義・義照 親子

ー日本初の本格ギロチン機を導入、運営ー

2015年

2019年

創業70周年

メタル・リサイクル・マンスリー掲載

心技体備えた企業目指す!山根商店創業70周年

心は人材、技は設備、体は土地

2019年

2020年

ユニフォーム新調

作業効率を図るべくユニフォーム新調

(株)山根商店が掲げる新3K

カッコいい・稼げる・環境に優しい

2020年

2021年5月

山根卓也(40歳) 代表取締役就任

座右の銘
「努力は自信に、自信は結果に」

努力すると自信が生まれる。その自信が結果に出る。

もし結果が出なくても経験が残る。努力の継続は力なり!

2021年5月

2021年

SNSと連動したホームページにリニューアル

SNSと連動したHPにリニューアル

Instagram,Facebook,Twitter,TikTok等

Instagramで

業界初#金属発見 キャンペーンを

公募しリサイクル業界の認知度を図る

2021年

2021年

株式会社山根商店のSDGs宣言

国際連合が提唱するSDGsに賛同し、持続可能な社会の実現に務めることを宣言します

(株)山根商店HPにSDGs取り組みページ開設

2021年

2021年

業界の垣根を超えた交流

メタル・リサイクル・マンスリー掲載

山根商店・ヒラオカ石油、業界の垣根を超えた交流で差別化図る

互いの持つ強みを共有し、Win-Winの関係を築く

2021年

2021年11月

読売テレビの取材出演

読売テレビ「BEAT ~時代の鼓動~ 

放映日:2021年11月7日(日)AM11時25分~AM11時30分
番組名:読売テレビ「BEAT ~時代の鼓動~ 」

に関西のオンリーワン企業を紹介するという番組に出演

BEATの撮影前後風景をオフショットmovie

 

2021年11月

2022年

SDGs看板・5S活動 看板を設置

日刊産業新聞掲載

山根商店SDGs取り組み積極化

金属リサイクルの魅力 SNSで発信

人材確保・育成へ「憧れ」の業界に

2022年

2022年3月

新時代経営者座談会 創刊70周年企画 

メタル・リサイクル・マンスリー創刊70周年記念特集 掲載

新時代の到来へ向けて~

人材採用への対応 会社の姿をオープンに

SNSでイメージ向上

SDGsの取り組みが拡大

鉄スクラップの利用拡大へ

2022年3月

2022年5月

大阪エヴェッサのオフィシャルスポンサー

Bリーグに所属するプロバスケットボールチーム

大阪エヴェッサのオフィシャルスポンサーになる。

ホームスタジアムおおきにマリーナ舞洲に

「持続可能な金属リサイクル企業」

PR看板広告を出す。

2022年5月

2022年6月

鉄鋼新聞掲載 Instagramでフォトコンテスト

身近にある意外な金属や自慢の金属製品をインスタで紹介する企画。4回目となる同コンテストは、これまで俳優・アーティスト・インフルエンサーなどからも投稿があった。

金属の分別・リサイクル・資源についての認知度を多方面に広げる。

現在インスタのフォロワー数約4000人

2022年6月

サービス案内

設備情報

取扱可能品目 ・金属くず

・廃プラスチック類
・紙くず
・木くず
・繊維くず
・ゴムくず
・ガラスくず
・がれき類 ※石綿含有産業廃棄物を除く

※金属くず以外はいずれも"再生利用を目的とした金属くずに付着しているもの"に限ります
処理能力 月間15,000トン
処理方法 圧縮と切断を主に行います。
主要設備 ギロチンシャー:1,000t
ギロチンシャー:1,250t
ギロチンシャー:1,600t
プレス機:300t
天井クレーン:12基
トラックスケール:60t & 80t
車両設備 ユンボ・重機:4台
フォークリフト:2台
運搬車両:15台
Scroll to Top