節分に思うこと。

明日から暦の上では立春そう一年の始まり春ですね。皆様の健康長寿を心から祈願します。
コロナなんかに負けないでみんなでのりきりましょう。

山根商店は50年以上なので豆を50粒以上食べるのかと節分に思いを馳せ・・・

今年の恵方は北北西ということで、恵方巻の由来や豆まきの由来はあちこちで御存じのはず。では、鬼はなぜあのようないでたちなのだろうとずっと考えておりました。大人になってようやく理解できたことそれは・・・

牛の角に虎のパンツ。

これは、教えられた話によりますと実は鬼門を表していたのだと。すなわち、丑と寅の方角(北東)を具現化したもの。
鬼の赤色は、実は貪欲りを表現したもの。なるほどこれで鬼を具現したものか~と感心。
(ちなみに青は悪意、憎しみを表し、黄緑黒にも意味があって五つの煩悩を表現していると聞きます。)

暦の上では立春(春が近づいている入口)

こうして、行事には意味があり、暦を知ることによって、先人たちは仕事や暮らしを行っていたと思えば感慨深いものがありますね。何か仕事に生かせないものかと一度会社のみんなと暦ついて研鑽したいと思います。

文章が長くなりましたが、いろんな意味でみんなに春が近づいてほしいですね。本当に。

Scroll to Top